野田 陽一Yoichi Noda

経歴

2009年3月

中央大学法学部卒業

2011年3月 中央大学法科大学院修了
2012年12月

弁護士登録(東京弁護士会)
三宅坂総合法律事務所入所

2014年4月~
2017年3月
中央大学法科大学院実務講師(民事系担当)
2014年4月~
2017年3月
中央大学法科大学院法務研修運営委員会委員
2016年4月~
2018年3月
日本知的財産仲裁センター運営委員会委員
2016年6月~
2018年5月
「日本知的財産仲裁センター」の事業に関する委員会委員(日本弁護士連合会)

所属団体

・法とコンピュータ学会、インターネット法律研究部(東京弁護士会)
・全国倒産処理弁護士ネットワーク、倒産法部(東京弁護士会)

主たる取扱分野

  • 会社法務・法律顧問業務全般
  • 争訟・紛争解決(会社関係、IT関係、知的財産、債権回収等)
  • 事業再生支援・倒産処理(私的整理、民事再生、破産・特別清算等)
  • M&A(スキームの策定、法務調査、契約書面の作成等)
  • 相続関係その他の一般民事・家事

著書・論文

  • 「AIビジネスは法に守られるか」(2018年3月・法律実務研究第33号)
  • 「証拠収集実務マニュアル(第3版)」(2017年2月・ぎょうせい)(共著)

講演内容

  • 「AIビジネスと知的財産法制の現状と課題」(2017年9月)
Go to Top